たわむれ日記

たわむれに いろいろ書き散らします

晴れると気分があがる

週に一度会うタイミングの仕事関係の人と雑談をしていた。

lilaさんと会う日って雨の日が多くありません?

って言われて、そーかなー結構自転車通勤が出来ているような気がするけど、って笑った。

雨の日は体が重くてーなんてその人が言うから、あー浮腫んだりしやすいよねーって。

lilaさんも雨の日は体調悪くなったりします?って聞かれて、昔から気分を天気に左右されやすいわたしは、体調というより雨の日は気持ちが落ち着いて良いときもあるし、逆に落ち込んで辛い時もあるなーと軽い気持ちで言ったら驚かれてしまった。

え、今なんか大変なこと聞いてしまった気がするって若干引かれた。笑

鬱っぽくなるってこと?って目を見開いて驚かれてしまい、わたしも驚いた。

天気や季節によって人の気分が変わるのは当たり前の現象だと思っていたから。友達にもそんな人は多い。
冬至の日に、仲間が開催したイベントにどうも行く気になれないと友達に電話したら、わたしもなのー!家にこもって静かに過ごしたい気分、と言っていて、ああやっぱりそうなんだなって思ったことがある。

気圧や自律神経が人の心身に作用すると聞いた。

とはいえ、雨の日はいつも気分が鬱々しているわけでもなく、雨音をBGMに静かにしっとり過ごすのが心地よい日もあるし、快晴でも気分がふさぐこともある。

人の感情というのは、不思議で面白い。

仕事関係のその人は、天気に感情が左右されたことはないのかな?そんな人もいるんだなぁ。自分がそうだからといって、他の人も同じだなんて思っちゃいけないな。

目まぐるしく変わる今日の空

雨の土曜日。

朝早い時間は曇っていたので、ウォーキングにでも出かけるか、と支度をし始めたとたん雨が屋根を叩く音が聞こえ断念した。

のっぺりした雲じゃなく、さまざまに形を変えながら西へと流れていて、さっき青空が覗き陽の光が射した。
とたん、気分が高揚する。

今は天気雨。狐の嫁入り

雨が降っているのに陽が差し込むのを、面白がって楽しんでいる。

予報では、雨のち晴れ。
あ、西の空から晴れてきた。

 

 

 

シュトーレン

晩秋の海も良き

以前よくチェックしていたSNSでは、この時期になると友達がこぞってシュトーレンなるものを
『作るんだ!』
『作った!』
『寝かす!』
なんて投稿していて、ホリデイシーズンにそういう楽しみ方があることを初めて知った。あれは何年前だったか。

わたしはスイーツがそれほど好きなわけじゃないので、全然興味がなかったんだけれど。

お気に入りのパン屋さんがシュトーレンの予約を始めるとインスタで告知していた。このパン屋さんが作るシュトーレンなるものなら食べてみたいと、投稿を追っていたら、もうとうに予約の日は過ぎていて、しかもほぼ即日予約終了。残念!

にしても、シュトーレンっていったいどんなもの?

画像で見ると、ケーキみたい。

でもケーキじゃないのよね?

パン、なのよね?

食べたことのあるお嫁ちゃんによると、『不思議な味だった・・・』そうで、ますます謎が深まる。

どうやらドライフルーツや木の実を洋酒に着けたものが入ったパン?のよう。

調べてみた。

kurahiro.tepco.co.jp

なるほど、クリスマスの1ヶ月前から少しずつ食べていき、その味わいの変化とともにクリスマスが近づいてくるのを楽しむってことか。

こ、これは!美味しそうだぞ。

スイーツに興味のないわたしでも食指が動く。

どうせなら、予約完了したけど、あのパン屋さんのを食べたいなー

来年に賭けるか、と思っていたら、どうやらごく数量だけれど当日販売もしているみたい。

どうしよう。並んでみようか。

赤ワインと一緒に頂いたら、どうかしらん。忙しない12月を、心豊かに過ごせそうじゃない?

でもでもー!一人で絶対食べきれない。し、毎日食べていたら絶対太る。

うーん、悩みどころだー

 

 

少しずつ冬支度

今年の紅葉は去年より鮮やかな気がする

秋から冬へと変わりゆく、晩秋のこの季節がけっこう好き、いやかなり好きだということに最近気づいた。

空気がスッと冷えてきて、空の蒼が濃くなり、葉が色づき、落ち葉がカサカサ歩く音も心地よい。
肌感覚が鋭くなり、意識が内側へ向く。冷たく透明な風に感性が拭われて感じる力が蘇るよう。

そして不思議と、自分と暮らしとを冬に向けて整えたくなる。

朝晩冷え込み、南東角部屋にある自室に太陽が深く差し込むようになったので、部屋の模様替えをした。

ほぼ一日中陽の当たる場所にソファを移動。

ここなら日向ぼっこをしつつ、青空や夕焼け空を眺めながら読書を楽しむことが出来る。
ソファの前にニトリの高さを調節出来るこたつを置いたらどうかなーと妄想したけれど、狭くなるし床でヨガも出来なくなるからやめた。

北インドの聖地 リシュケーシュで買ったネパール製のストールを引っ張り出し、陽に干した。このストールを見るたびに思い出すのは、懐かしいインド。ラクシュマンジュラの商店街。ゲストハウスの一室で、友達の奏でるハルモニウムに合わせてガネーシャやシヴァ、ドゥルガーマントラを謳ったこと。
やはり今頃、晩秋だった。

ウールのもこもこ靴下をクローゼットに加え、ふと足元を見たらまだ夏のスリッパのまま。お風呂上がりにはまだ活躍出来そうだけど、つま先がすーすーする。見た目にも暖かな冬のスリッパに替えなくちゃ。

少しずつ、冬の部屋に変えていく。この作業が毎年楽しい。

 

 

檸檬の季節

ご近所の檸檬の木に今年もたくさん実がついて、通るたび少しずつ色づいていくのを見るのが、最近の楽しみのひとつ。

我が家にも檸檬を植えたいと思うけれど、庭のどこにもそんなスペースはなく、鉢植えで出来ないかな〜と、ホームセンターに行くたびに檸檬の苗木を眺めている。

よく行くスーパーに国産の檸檬が並ぶようになってきた。

一袋この量入って500円

並ぶ檸檬が青いのは晩秋の証。冬の足音が高くなるにつれ黄色一色になる。

無農薬ではないけれど国産で、地元ではないけれど近場の馴染みある土地で採れた檸檬が大盛りで並ぶのを見ると、なぜか心が浮き立つ。

産地は神奈川県の西の端、片浦。小田原と真鶴の間にある。

もともとみかんで有名で、若かりし頃、混雑する湘南を避けて真鶴〜伊豆へサーフィンに通う通り道だった。道が混んでいてジムニーの時は、みかん山を抜けて行く。

斜面一面のみかんの木は壮観だったし、季節になると路上で売っていて、スーパーで買うよりお得なこともあり、波乗り帰りによく買っていた。

その斜面で今は檸檬も作られているらしい。

潮風をいっぱい浴び、陽の光が結実したような檸檬

朝のむ白湯に輪切りを浮かべたり、ホットヨガには果汁を半分絞った水を持っていく。そしてジンジャー檸檬ハニー。

産地では、檸檬をまるごと冷凍し、ガリガリ削って使うという。
そんな使い方も今季は試してみよう。

 

 

早寝遅起き

晩秋の海は ほろ甘いココアのような空気感

陽が落ちるのがどんどん早くなり、今何時だろうと確かめると、まだ17時にもなってなくて、驚く。
ほんの少し、心細く感じたりも。秋の夜長。今まさにそうなんだなぁ

このところ、眠くて眠くてたまらない。
長い夜をさて、どんな風に過ごそうかな、、なんて思いめぐらせながら帰宅しても、いつの間にかソファでうとうとしていたりする。

朝は朝で4時半とか5時に目が覚めるものの、瞼が重くていつの間にか二度寝。もそもそと起き出すのが7時とか8時になる日も。そうなると午前中があっという間に終わり、午後も駆け足で過ぎていくような気がする。

損したみたいな?

夜明け前に目が覚める体質なので、夏は4時頃に起きて活動を始める。秋冬に朝が遅くなるのは仕方ないことなんだけど。

冬至に向かうこの時期は、冬をのりきるための陰氣を養うために、早寝遅起きが良いそうだ。
あれもこれもとヘトヘトになるまで活動すると、冬になる頃電池切れになるおそれがある。消耗しないための養生なんだな。

陰氣とは、陽氣(活動エネルギー)を生み出す燃料のようなもの。

もう10年以上睡眠障害を抱えている身なので、日頃の睡眠不足によるエネルギー不足を今、解消しようとしているのかもしれないなぁ

充電期間。

いつもと違うなと感じるのだから、もっと体の声に耳も心も傾けて、労ってあげる時期なのかもしれない。

陰精の蓄積には、背中の保温をすること。
体を冷やすと免疫力や修復力が下がるし、腎を保護する意味もある。

昼間はよく活動し、夜は十分に休む。

早寝遅起き。
保温と活動と休息。

いまのわたしに必要なこと。しばらく意識して生活しよう。

 

 

大磯ブレンド

波音瞑想

仕事帰り、海でしばしの読書&ぼんやりタイム後、大磯へ珈琲豆を買いに行った。

ちょうど帰宅ラッシュと重なり、電車は満員ぎゅうぎゅう。でも茅ヶ崎でさーっと人が減り、空気が流れるようになった車内、座って2駅。

18時閉店なので急ぎ改札を出ると、すでにとっぷりと日が暮れて暗いのなんの。当地では日の入りが一番早い日が12月7日だそうで、なるほど毎年11月から12月にかけてが一番闇を感じている。陰の氣が日に日に強くなるというか。

歩き出すと、大磯迎賓館の灯りが暖かく美しかった。

 

わざわざ出かけてまでお気に入りなのは、自家焙煎珈琲のビーンズマート オイコスの珈琲豆。大磯駅にほど近い国道1号線沿いにある。

大好きなパン屋さんブーランジェリー ヤマシタに併設されているカフェで飲んだ珈琲がびっくりするほど美味しくて、教えてもらったのがオイコスさん。

1週間後に七号食を控えているので、大磯ブレンドを200gだけ買った。

オイコスの珈琲豆を切らして数週間、なかなか行けなくて、手近のカルディの豆で済ませていた。手軽だし、不味くはない、美味しく飲めるけれど、欠片みたいなクズみたいなのが多く混入しているし、お湯を注いだ時の膨らみ方も全然違う。

当たり前だけど、薫りも味も別格だ。しかもわたしのような素人が淹れてもめちゃ美味しい。

朝、この一杯から始められると思うと、1週間頑張れる。

美味しい珈琲って人を幸せにする。

 

 

立冬の庭

11月7日19:45 地心黄経225度 日心黄経45度 立冬を迎えた。

和暦ではその季節の一番盛りの頃に次の季節の芽が出る と考えるので、秋の盛りの今頃に冬が目覚めるのだそう。

晩秋ですね。

我が家の庭も少しずつ衣替えをしているよう。

白百合の種が熟し割れてきた。風で揺れると飛ぶ寸法。
こんなに薄っぺらいの?って初めて見た時は驚いたけれど、その方が風に乗って行けるもんね。生命の力だ。

11月になっても咲くオールドローズ
まだ蕾を持ってる。健気で抱きしめたくなる。

鳥の落とし物で芽吹いた千両。
草取りのとき見つけて、大きくなっても邪魔にならない場所だったから、これはなんだろう?って成長を見守ってきた。
我が家は万両ばかりあるから、千両、欲しかったんだ〜

今年はジャスミンにカマキリの卵が産みつけられていた。かなり大きい。
大きなカマキリが鳥に捕食されるのを秋の初めに目撃して、生命の連鎖を思った。
去年はオールドローズに産みつけられた小さな卵からたくさんのカマキリが孵って、でも生き残れたのは少しだけで。
去年よりも大きな卵、孵る日を楽しみに見守っていこうと思う。

今年も金柑の実がたくさん付いた。去年よりはちょい少なめかなぁ
まだまだ青い実ばかりだけれど、秋晴れが続き、少しずつ黄色く熟し始めて。
金柑は鳥も狙っていて、収穫は競争になる。
いい感じに太って熟したものから鳥が突いて傷を作ったり、落としたり、食べてしまったり。
色んな鳥が偵察に来ているのが見て取れておもしろい。
まーだだよー
農薬も消毒もしていないので、鳥たちが害虫を食べてくれて有難い。
木ぜんたいに網をかけて鳥から守っているお宅もあるけれど、鳥に恩返しの意味もあって、そこまではしない。

幸せも豊かさも分かち合うものだものね。