たわむれ日記

たわむれに いろいろ書き散らします

diary

荒東風の唸りを聞きながら

雲の海に浮かぶ不二 2月1日。朝は穏やかな晴天だったが、南からの大きな高気圧の影響で少しずつ風が出始め、南→西からの暴風に変わった。3月並の暖かさという予報が出ていたので、吾妻山公園に行き菜の花を見ながら読書でも、という心積もりをしていたの…

楽しみ、丁寧に、過ぎないこと。

気づいたら1月も終わり。ぼやぼやしてたわけじゃない。むしろあれやこれや集中していたら、日々が飛ぶように過ぎて行った感じ。 和暦の元旦を迎えたら今年の目標なり抱負なりをじっくり練ってブログにあげよう、お題に参加しようと企んでいたのに、なんと最…

梢の三日月と読了『フォンターネ 山小屋の生活』

図書館を出たら夕暮れで、体がキュッと締まるような冷気だった。ストールを手繰り寄せ、手袋をはめて、ちょっと遠回りをしてみる。 夜が少しずつ昼の世界を侵食していくこの時間が、近頃心地よく感じる。 見るからに寒そうなまだ暗い家を横目に、灯りを背に…

映像が楽しみな『帰れない山』パオロ・コニェッティ

読了は『帰れない山』パオロ・コニェッティ。ここ最近は新潮クレストブックスしか読んでない。笑 北イタリアの山岳地帯を舞台に、ミラノで育った少年ピエトロと山で育った少年ブルーノの友情と人生を描いた作品。 山を舞台にした物語やノンフィクションが好…

捨てずに良かったもの

荒ぶる海 時間を見つけては実家の片付けをコツコツとしている。 昨日はすっきりしてきた2階納戸に再び侵入。埃をかぶって積まれている頂き物の箱を引っ張り出し、黄ばんだりシミの浮き出たシーツなどを整理。ウエス用の袋に入れ、箱は潰して紐でまとめた。…

菜の花を見に行く

あいにくの曇り空 先日、第二子の誕生で休暇中の息子と初孫ちゃんを連れ、二宮の吾妻山公園に行った。 お目当ては山頂の菜の花で、初孫ちゃんにはローラー滑り台やアスレチック的な遊具で楽しめる。 何より、飛んだり跳ねたり走り回ったり快活な2歳児と、緩…

極寒

冬の海は美しい 昨日は明るいうちに外の蛇口に古いタオルを巻き付け、水道メーターの穴蔵には捨てずにおいたプチプチを敷きここにも古タオルを巻き付けた。 ガスの電源を切り、お風呂場のお湯の方の蛇口を細ーく鉛筆の芯ほどに出して床についた。 昨夜、自転…

初春月

今日は新月。和暦で睦月朔日、元旦である。 町を行くと水仙の花が群れをなして咲いていたり、いい匂いがするなと思うと、塀ごしに蝋梅の黄色が見えたり。 まさに初々しい春を見つけ、すべてのものが清々しく感じられた。 新月なので秘密の手帳に新月の願いご…

旧暦の大晦日と読了『グレゴワールと老書店主』

師走の晦日、大晦日。 明日の朝5:53 水瓶座で新月を迎え新しい一年が始まる。 が、寺社でさえもグレゴリオ暦で動いているので世間的には大晦日感はまったく無い。 職場での雑談で大晦日ですね!って言ったら皆さん目がテンに。そりゃそうか。 ネットでもテレ…

大寒

冷え切った部屋が暖房で暖まるまでベッドに潜り込む。いつの間にか眠る。くぅーっと深く入る。ハッと目が覚める。時計を見ると20分くらい。20分とは思えないほど充実した二度寝だった。 東南角部屋の自室に生まれたばかりの朝の光が差し込んでいた。光の中、…

ラストシーンだけで泣いた

1月某日いつもは心地よく感じる、しんと静まった部屋の空気がなんとなく寂しくて、なんとなくテレビをつける。 BSで映画をやっていた。大好きな映画のひとつ、『西の魔女が死んだ』の終盤のシーンだった。 りょう演ずる母親と高橋真悠演ずるまいが、英国人で…

冬の土用入りと読了『木曜日にはココアを』

今日から18日間の冬土用の時期に入った。 不用品がたくさん眠っている実家の片付けをもりもりと行い、自分の身体、特に胃腸を労り休める生活をしていこう。 初孫ちゃんが2階を怖がらなくなり、わたしの部屋にも気軽に入るようになった。目に入るもの全てが…

今年の手帳たち

毎年使う帳面は3つ。 仕事用のスケジュール帳、日記帳、和暦(太陽太陰暦)手帳。 仕事用の手帳は、以前はヨガ手帳なるものを使っていたのだけど、バーチカル仕様になって使いにくくなったので、ここ数年はMARKSのEDITシリーズ、週間ノートを愛用しています…

睡眠の改善と、読了『野原』ローベルト・ゼーターラー

今日も朝から快晴で冷え込んだ。タイマーで点火した暖房で部屋が十分温まるまで布団の温もりを貪る。至福。 ここ最近、夜中に起きる回数が減ってきて実に嬉しい。 昨日、ククサで珈琲を楽しんでいるなんて記事を書いたばかりだが、実は珈琲をゆる止めしてい…

ククサを育てている

数年前に迎え入れたククサが良い感じに育っている。 ククサ(kukusa)とは、フィンランド北部に伝わる、白樺のコブをくり抜いて作られたマグカップのこと。 たしかキナリノで知り、良さげなものをネットで探し購入した。このククサは日本製で白樺ではない木…

Kindle Unlimitedを解約した

ミニマリストに憧れて、数年前Kindleを買った。紙の本が好きなので、迷いに迷い、使い心地を確かめるべくブログもたくさん巡ったりして。ちょうどAmazonのセールが始まったことに背中を押されて思い切って買ってみた。 さまざまな人がブログで書いている通り…

第8の波と野菜の値上がりと挫折した本

電車がやけに混んでいるなぁと思ったら、三連休なのですね。部活の学生たち、スーツケースを携えた人々、家族連れなどで賑やかな車内。わたしも何処かへ旅したくなりました。 仕事の隙間時間にカフェで一息ついていたら、隣席の男性が鼻をぐずぐずいわせ、く…

初夢は覚えてない

2023年になってもう1週間が経つわけだけど、そういえば初夢って意識してなかったな。 なんだか気もそぞろで、地に足が着いてない。何故だか浮き足立っている。Why?? 初夢の夜、何か夢を見たような気はする。起きた時は覚えていたと思う。 夢の物語の中でわ…

仕事始め

今日は仕事始めでした。と言っても、朝はのんびりで帰りも早い、そんなスケジュール。 張り切り過ぎず、ゆっくり始動にちょうど良い。 一般的には三連休なんですね!9日が成人の日だー わたしはカレンダーとは無関係で3連休もお仕事です。フリーランスなの…

9連休の最終日

年末年始の9連休も今日でおしまい。 例年より長い休みなので、指折り数えて楽しみにしていたんだけど、あっという間だったな。12月は片付けに大掃除、お節の仕込みやらで忙しなかったし、元旦は内輪の親族の集まりのプレッシャー、のんびり休めたのは2日か…

食べ過ぎ三が日と、大人のおとぎ話『赤いモレスキンの女』

1月3日。二度寝をして起きたのが8時過ぎ。慌ててテレビをつける。箱根駅伝の復路はもうすでにスタートして、選手たちが箱根路を駆け抜けていた。スタートする場面から見たかったな。 湯船にたっぷりの湯を溜めて朝湯。のんびり正月休みを満喫する。 元旦の集…

買ってよかった使えるポット

元旦の集まりという重責を無事に終え、のんびり自由気ままなお正月を楽しんでいます。 お正月らしい晴天が続いているので一通り家事を済ませ、布団を干した後は箱根駅伝を見つつ、お節料理をつまみに朝からシュワシュワした飲み物を飲んでました。 ので、駅…

賑やかに1月1日

悠々と、トンビ 大晦日、タコの買い出しに行ったらスーパーのレジは長蛇の列で、ああそうだったと思い出す。今年はお魚屋さんで買ってみようかな。 タコの酢の物、忘れてた筍と昆布をそれぞれお煮しめにし、味を馴染ませるためにそのまま鍋に放置している間…

謹賀新年

初春のお慶を申し上げます。 拙いブログを読んでいただき、いつもありがとうございます。 みなさまの☆やコメントに励まされて書き続けることが出来ています。 この一年があなたにとっても、わたしにとっても、佳き日々となりますように。 今年もどうぞよろし…

師走九日

7時半に起床。相変わらず細切れ睡眠だが、夜中に起きる回数が最近減って嬉しい。昨夜は2回。冬は眠くてたまらない。習慣で5時前には目が覚めるものの、暗いし寒いし起きる気がしない。人も冬眠出来ればいいのに。 グレゴリオ暦で12月31日の今日は、和暦では…

お正月の準備、着々と

今日も引き続き大掃除。1階の縁側6枚の窓と桟、8畳の茶の間と台所、応接間の窓と桟を拭き清めた。2階は西側の和室の窓と桟、息子の部屋だった真ん中の部屋と、わたしの部屋の窓と桟も外側だけ拭き清めた。 そこで太陽が西に沈んだ。気温がググッと下がって…

師走の夜散歩

押し詰まって参りました。 昨日は玄関周りと床の間を掃除し清め、お飾りや鏡餅などを設置し、庭の草取りや野鳥が食い荒らした金柑の実を拾った。 今日は長年気になっていたデスク周りと押し入れの片付けと整理。合わせて2階の6畳和室と息子の混沌とした部…

108の煩悩を燃やす

忙中閑あり 師走というだけあって、駆け足で過ぎ去る日々。ほんの少しの余白を心に残しておかないとパンクしてしまうから、そこは慎重にね。 特別お題「わたしの2022年」 『家族』や『家族の中のわたしの役割』を考えた一年だった。それが嬉しかった。 幼い…

仕事納めと年末年始に楽しむ本

昨日は2022年の仕事納めでした。 出かける前にお飾りやお正月の食材を買いに行き、時間になったので自転車で颯爽と出発。この地は少し寒さが緩んだようで、ぴっちり巻いたマフラーと手袋は寄り道した図書館で外しました。 28日から休館なので、予約本をいそ…

賑やかなクリスマス

毎年クリぼっちを楽しんでいたが、今年は息子家族が泊まりがけで遊びに来て、イブ、クリスマス当日と賑やかに過ごした。徒歩20分ほどの近くに住んでいるので頻繁に行き来はあるものの、お泊まりは初めて。初孫ちゃんのテンションが爆上がりで、興奮して寝れ…